jpgxx

後悔はいくらでもあります。








jpgxx

もっと会いに行けば良かった。

もっと話をすれば良かった。

もっと優しくすれば良かった。









jpgxx

リウマチにかかって32年

痛みのない世界に行きたいと

言っていた母。










jpgxx

発病した頃は

家族を送り出した後に

押入れに頭を突っ込んで

毎日泣いていたんだよって

去年初めて教えてくれました。









jpgxx

大好きな編み物が

できない体になってしまっても

痛みを堪えて家事をして

家族の為に生きた母でした。







jpgxx

最後の夜

二人っきりになった病室で

母の手を握りながら祈りました。








jpgxx

神様

母と再びこんな時間が持てたことを

感謝致します。









jpgxx

今こうして

母の寝息を聞き

ぬくもりを感じていられることを

感謝致します。









jpgxx

もし母の人生が

幕を閉じようとしているのであれば

どうか最期は穏やかで安らかで

何の苦しみもなく

旅立つことができますように。










jpgxx

母はもう十分頑張りました。

どうかこれ以上の試練は

お与えにならないで下さい。

どうぞ母を

祝福で満たしてあげて下さい。








jpgxx

祈りは聞き入れられました。

私の寝息を聞きながら

母は逝ってしまいました。

もう二度と目を開けることのない

母の髪を撫でながら

声を掛けました。

良かったね。

良かったね。

もう苦しまなくていいんだよ。

もう我慢しなくていいんだよ。

お母さん、今まで本当にありがとう。








jpgxx

痛みも苦しみもない世界で

病室にお迎えに来ていた親族達と

再会を喜び合う母を思うと、

自然と笑みが浮かんできます。

さぞかし盛り上がっているんだろうなぁ。









jpgxx

母のできなかったことまで

やりながら生きること。

それがきっと母の願いであると

園長先生に教えられました。

そうですね。

お母さん、私頑張るよ。

空の上から応援していてね!