これは
かぼちゃんが亡くなる
14時間前の

5月23日(木)の
夕方です。

FullSizeRender

よく見ると
かぼちゃんは

カメラ目線で
笑っているんですよ。
(ToT)








FullSizeRender

ほら、
こっちも(ToT)







FullSizeRender

この日の朝に
かおりさんに
連絡を入れたんです。

夕方
モニュメントの所で
会いませんか?と。








FullSizeRender

かぼちゃんは
この日の午前2時頃に

23分間もの
長い痙攣を
起こしたのです。









FullSizeRender

私は
先生に見せるために
動画を撮りつつ

坐薬を入れて
見守り続けました。










FullSizeRender

朝一番で
病院に連れて行くと、

先生はかぼちゃんを
撫でながら

「そんなに長い時間よく耐えたね」と
言ってくれました。


そうか、
痙攣で亡くなる
可能性もあったのか…と

後から
怖くなりました。









FullSizeRender

頂いた薬を
飲んで

その日の午後は
ぐっすりと

気持ち良さそうに
寝てくれました。









FullSizeRender

かおりさんに
連絡をしたのは
どういう訳か、

今日のうちに
会ってもらわなきゃと

いう思いが
あったのです。






FullSizeRender

かぼちゃんは
かおりさんに撫でられると

クインクインと
甘えるような声を
出して

すっかり
いつも通りの
様子でした。






FullSizeRender

ああ
良かった。

心配したけど
もう大丈夫だね。







FullSizeRender

もう少し待てば
夕焼けが
広がりそうだけど

涼しくなって
来たので
もう帰ろうね。

そう言って
かおりさんと別れました。






IMG_2593

車の中から見た
夕焼けは
感動的でした。

ああ,
もうちょっとだけ

あの場所に残れば
良かったな。

そんなことを
思いながら
家に向かいました。







FullSizeRender

その夜
かぼちゃんは

いつも通り
シリンジでご飯を
食べて

お水も飲んで
歯磨きもして
寝ました。

夜中になると
あまり気分が
良くなさそうだったので、

私は
ほとんど眠らずに

まどろむかぼちゃんを
見つめていました。








FullSizeRender

翌朝、
7時40分頃

かぼちゃんの
薬の用意をしていたら

また痙攣が
始まったので
急いで側に行くと

痙攣は
すぐに終わりました。

でも
かぼちゃんは

いつもとは違う
深い呼吸を何度もして

だんだんと
静かになって
いきました。

あ、これで
さよならかもしれない…。

私はかぼちゃんを
そっと
撫でながら

かぼちゃん、
えらかったね。

かぼちゃん、
がんばったね。

かぼちゃん、
いい子だね。

かぼちゃん、
大好きだよ。

かぼちゃん、
ありがとう。

かぼちゃん、
かぼちゃん。

ずっとずっと
声を
掛け続けました。





*******

「かぼすちゃんとおさんぽ。」の
更新通知が受け取れます!
登録・フォローお願い致します(^^)





「かぼすちゃんとおさんぽ。」は、
2つのランキングに参加をしています。
バナーをポッチンして頂けると、
とってもとっても嬉しいです。
1ポチ
↓ 
2ポチ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ